南国リゾートの香りで包んでくれる癒しのココナッツオイル

巷で話題のココナッツオイル。輸入食材を扱っている成城石井やカルディーの店頭でも「売り切れ中」とか「やっと入荷しました!」と書かれているのを見るたびに、手に取ってみるものの、迷った末に棚に戻して買いませんでした。美容にも健康にも良いと評判でしたが、値段がとても高いので、買ってみたけど味が気に入らなかった場合、ショックが大きすぎると思ったからです。
購入する気になったのは、人気のパンケーキやさんEgg’s Thingでパンケーキを食べた時です。パンケーキにかけるココナッツシロップがとてもおいしかったんです!ココナッツオイルを使ったお菓子や料理のイメージが湧いて、「これなら自分でも料理に使える!」と確信したのでした。
1600円ほどで購入してみてまず疑問に思ったことは、サラサラしていてなぜこんなジャム瓶にはいっているのかということ。オリーブオイルのような形の瓶に入っていないので、使いづらくて。でもそれは冬になって納得できました。ココナッツオイルって冬は固まってしまうんです。これではジャム瓶でなければ使えませんね。
まず最初に作った料理は、スプーン1杯のココナッツオイルをカフェオレ入れるだけの簡単なものでした。でもこのおいしさにびっくり!砂糖を入れていないのに、甘い香りがして満足感がありました。そしてコーヒーとココナッツの混じった南国の香りで、まるでハワイにいるような気分になれました。ミルクティーに入れてもおいしかったし、ドリンクに入れて飲むというのが一番手軽でおいしいので、おすすめです。
次に作ったのが、パンケーキ。パンケーキを焼くときにうっすらフライパンに引いて焼いてみました。香りが移ってEgg’s Thingのパンケーキみたい!たっぷりのホイップクリームと果物をのせたら、お店の味にかなり近づけて大満足でした。
先日は塩焼きそばを作ってみました。肉や野菜を炒めるときの炒め油として使ってみたんです。焼きそばを最後に入れて、塩コショウで味付けしました。これも普通の焼きそばがエスニック料理風になっておいしかったです。こんな風にマンネリ化しがちなメニューに使うと雰囲気が変わって、楽しめますね。
私はこんな風にココナッツオイルをちょっとお料理に加えるシンプルな形で使っています。香りが南国リゾートをイメージさせてくれるので、癒しの効果があるところも気に入っています。毎日使うものではないけれど、劣化しにくいオイルだから、そんなに急いで使いきる必要もないようです。高いから
買うのをためらっている人も多いと思いますが、お料理のバリエーションが広がるココナッツオイル、是非一度試してみてはいかがですか?